COLUMN

北陸で“ヒュッゲ”な暮らし

こんにちは、ディレクトです。

1月になり、北陸の寒さも一層厳しくなってきました。

最近は断熱・気密性能の高い住宅も多いので、ひと昔前のように「すき間風が入ってきて寒い」というようなことはなくなりましたが、それでも冬は温もりが恋しくなります。

以前、書店で『富山は日本のスウェーデン』という本のタイトルが気になり、手に取ったことがありました。

住みよさについて書かれた本なのですが、確かに、北陸の暮らしは北欧とよく似ています

冬は、雪が降ったり曇りの日が多かったりと、寒い日が続き、夜が長いこと。

そして、暮らしやすさや幸福度が高いこと、など。

スウェーデンではありませんが、同じ北欧のデンマークには、「ヒュッゲ」という習慣があります。

ヒュッゲとは、「ほっとくつろげる心地よい時間の過ごし方」や、「その時間を過ごすことで生まれる幸福感や充実度を楽しむ暮らし方」のこと。

冬は、家での過ごし方を大切にしていて、ロウソクや暖炉・柔らかな照明の灯りで家族との時間を楽しんだり、友人とお酒を飲んでおしゃべりしたりして、暖かな部屋でゆっくりと過ごします。

ヒュッゲのような心温かな暮らしは、お部屋のインテリアや作り方を工夫することで私たちの暮らしにも取り入れられます。

例えば、薪ストーブ

薪ストーブは、気温的にもお部屋全体を暖めてくれますし、周りに自然と家族が集まり団らんの時間が生まれます

ディレクトでは、ホテルや店舗で使われている、二酸化炭素の出ない「バイオエタノール暖炉」の設置も可能です。

お部屋を暖めるというよりも、どちらかと言えば観賞用に近いのですが、メンテナンスも少なく視覚的な温かさを演出してくれます。

北欧の人々は、照明の使い方も上手です。

暖色系の間接照明の優しい光は、暖かみやくつろぎを感じさせてくれます

白熱灯のような白い光ではなく、暖色系の柔らかな光をいくつか組み合わせて使っています。

それだけで、心が落ち着き安らぎの時間を演出してくれます。

時には、中庭に手提げランプやテーブル、イス、ロウソクを置いて、温かい飲み物やお酒と一緒に夜の時間を楽しんでみるのもいいかもしれません。

ディレクトでも、北欧デザインのインテリアをご提案することも多くあります。

過度な加工をせず素材そのものを活かしたデザインが、私たちの設計やデザインにしっくりと馴染みます。

家に居る時は家族と過ごす、ご予算に合わせながらご家族がLDKに集えるプランをご提案いたします。

気温が寒くなる季節は、心がほっと温まる“ヒュッゲ”な家時間を過ごしてみてはどうでしょうか。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます、ディレクトです。

昨年中は、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

みなさまのおかげで、ディレクトは元気に新年を迎えることができました。

2020年は、誰もがウイルスの恐ろしさを再認識した稀有な年であったと思います。

新しい年が始まり、2021年は、明るく希望に満ちた1年になることを願うばかりです。

2021年が、みなさまにとって明るい一年となりますよう、そしてご健勝と益々のご発展をスタッフ一同心よりお祈りいたします。

ディレクトは、明日(6日)より通常営業となります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年も1年ありがとうございました

こんにちは、ディレクトです。

早いもので、今年も残すところ2日となり、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

2020年は、新型コロナウイルスに翻弄された年でありましたが、多くのお客さま・お施主さまとのご縁をいただき、大変嬉しく思っております。

来年も本年同様、皆さまにご満足いただけるよう、建築・サービスの向上を目指し、より一層精進して参ります。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

なお、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

◆年末年始休業期間◆

12月30日(水)~1月5日(火)

※新年は1月6日(水) より営業開始となります。

DIRECT Photo Gallery【ダイニング】

こんにちは、ディレクトです。

食事をするだけでなく、会話をしたり、くつろいだり、楽しい家族の時間はいつも「ダイニング」から生まれます。

いつもの家族の時間がもっと豊かになる、ダイニング事例を集めてみました。

【A HOUSE】

床・天井・家具を明るい色の木材でまとめた、温もりあふれるダイニング。

キッチン作業台併用のダイニングテーブルなので、すっきり広々とした印象に。

【H HOUSE】

シックで落ち着いた色の木材は、ゆったりくつろげる雰囲気を演出してくれます。

天井木板・造作ダイニングテーブル・キッチン収納扉を同じ素材でまとめて、統一感のある空間に仕上げました。

【T HOUSE】

モノトーンデザインのクールなダイニング。

モルタルキッチンからせり出した、スタイリッシュなダイニングカウンターが特徴的です。

【M HOUSE】

内装や造作ダイニングテーブルなど、空間全体を白色でまとめた清潔感のあるダイニング空間。

無機質な印象ですが、ご家族が入ることで住まいに暮らしの温かさが生まれます。

【M HOUSE】

カウンター付きのダイニングテーブルを造作しました。

ご家族との会話を楽しみながら、食事の準備や片づけができます。

お子さまのリビング学習スペースとしても使える、人気のスタイルです。

【T HOUSE】

床・テーブル・キッチン収納に明るい木材を使い、落ち着いた雰囲気に。

木の温かさが、家族の大切な時間にくつろぎや安らぎを与えてくれます。

ご家族が居心地よく過ごせるダイニングは、心の絆を深めてくれます。

どんな風に過ごしたいかを想像しながら、理想のダイニング空間を作ってみてはどうでしょうか。

ご紹介した家の内観やその他の施工事例は、ホームページ内の「WORKS」にてご紹介しています。

土地の魅力を引き出す住まい

こんにちは、ディレクトです。

北陸は、全国でも住みやすさや幸福度が高いエリアと言われています。

夏は暑いし、冬は雪が降るし、曇天の日も多いのになぜだろうとおもっていたら、県外の友人に、

北陸は、すぐ近くに美しい山も海もあるし、食べ物もおいしいし、人が密集していなくて暮らしやすそう

と言われて、なるほどと思ったことがあります。

ずっとこの地に居ると、この土地の魅力に鈍感になってしまうのでしょうか。

家づくりにおいても、同じだと思います。

一般的に、四角く家が建てやすい土地は人気があります。

しかし、そのような土地は高いことも多く、また人気の土地だからいい家が建つというわけでもありません

どのような土地でも、その土地の魅力を活かした家を建てることができます

変わった形の土地に建つ、素晴らしい設計の家もたくさんあります。

ただ、設計者やお客さまが、その土地の良さに気が付いていないだけなのです。

ディレクトでは、お客さまからご予算やご要望を伺った上で、

変形の土地を選んではどうですか?

とご提案することもあります。

変形の土地は安いことも多いので、その分建物に予算を配分できます

無理に高い土地を買うよりも、理想の住空間を作ること、つまり建物にお金をかけた方が、暮らしが豊かになるのではないでしょうか。

周りの環境を上手く取り入れ、その土地の良さを引き出すにはどうしたらよいのか?

常にそのようなことを考えて、そこに暮らすことが楽しくなるデザインや設計をご提案しています。