COLUMN

CATEGORY :「Photo Gallery」に関連する記事一覧

【OPEN HOUSE REPORT】S HOUSE/Y HOUSE

こんにちは、ディレクトです。

今日は、11月20日・21日に福井市末広町で、11月27日・28日に福井市松本にて開催しました、新築住宅S様邸とY様邸の内見会の様子をレポートさせていただきます。

どちらも高低差のある敷地に建つお住まいで、その条件を上手く生かした素敵な家をみなさまにご覧いただきました。

【S HOUSE】

S HOUSEの特徴は、大きくせり出した広いバルコニー。

敷地の形状を最大限に活用することで、希望通りの見晴らしの良いバルコニーのある家を建てられました。

玄関を入ると、スケルトン階段越しに外の風景が見えて、抜け感のある気持ちの良い空間です。

天井まである大きな窓が豊かな自然光を呼び込み、玄関ホールまで明るく照らしてくれています。

ご来場のお客さまから好評だったのが、22帖の広いLDKと18帖のバルコニーが一体型となった40帖の大空間です。

リビングからフラットに繋がっているので、1つの空間のような開放感を味わえます。

高台越しの大きなバルコニーから見る爽快な景色に、お客さまからは感嘆の声も。

外からの視線を気にしないプライベート感もあり、贅沢なおうち時間を楽しんでいただける空間をお造りしました。

リラックスできるナチュラルテイストのインテリアにも、心地良さを感じていただけていたようです。

2階子供室の前には、お子さまの勉強や奥さまがピアノを弾くためのフリースペースを計画しました。

ちょっとした空間を上手く活用し、プラスαの価値を生み出す空間づくりを参考にされている方もいらっしゃるようでした。

【Y HOUSE】

白い外壁のシンプルモダンなY HOUSE。

前面道路から居住スペースの80cmほどの高低差を利用して、1階・1.5階・2階の3層構造の「スキップフロア」で構成しました。

リビング側の階段からは1.5階のスペースへ、キッチン奥の玄関ホールのスケルトン階段はバルコニーや2階へつながるユニークな間取りです。

大きな窓を設置したことで、自然光がたっぷり入り、実面積以上に広さが感じられる空間になっています。

フリースペース下には、隠し部屋のようなワークスペースも。

スキップフロアやサンクンリビングによって、空間の面白さと繋がり感、プライベート感のある居住空間をお造りできました。

ご来場のお客さまからも、

「スキップフロアという不思議な感覚の空間が面白い」

「プライバシーを保てる中庭からの光と広さを家づくりの参考にしたい」

「家族全員の個室があってすごく羨ましい」

などのお声をいただきました。

実はY HOUSEは当初、お子さまが将来独立されることを見越して、子ども部屋を小さめのスペースで計画していました。

しかし、コロナの影響で家族全員が家で過ごす時間が増えたため、それぞれの部屋をゆとりのある大きめのスペースに変更することに。

家族がそれぞれ心地よく過ごす空間の作り方も、ご来場のみなさまの参考になったのではないでしょうか。

ディレクトでは、お客さまの暮らしたい家の形を、設計力とデザイン力でお応えいたします。

新築をお考えの方は、ぜひ一度OPEN HOUSEで家づくりのアイデアを見つけてみてください。

DIRECT Photo Gallery【浴室】

こんにちは、ディレクトです。

師走という通り、何かと忙しい12月。

さらには、日ごとに寒さも厳しくなってきており、1日が終わって家に帰るとどっと疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、ゆっくりとお風呂に浸かってリラックスを。

今日は、癒しの時間を与えてくれるこだわりの「浴室」事例をご紹介します。

ディレクトの浴室づくりは、「ハーフユニットバス」と「造作風呂」の2つのスタイルでお造りしています。

ハーフユニットバスは、浴槽のみ既製のものを使用し、それ以外の天井や壁や床を造作で仕上げる方法です。

上の写真の浴室は、壁や床をタイルで仕上げ、浴槽横に天井まである大きな窓を設けて、外の景色を楽しめる空間でお造りしました。

こちらは、壁にも天井にも木板を使い、木の温かみを感じられる浴室に。

木の爽やかな香りも感じられて、ゆっくり癒しの時間を楽しめます。

壁や天井だけでなく、水栓なども好みに合わせた物で仕上げることができるので、既製のユニットバスでは出せない浴室造りができます。

造作風呂は、浴槽から壁、床、水栓まで全てを一から造り上げる方法です。

最近は、お家の中で最も“パーソナルな場所”である浴室を「こだわって造りたい」と言うお客さまも増えています。

そのような方には、究極の「こだわり」を貫くことができる造作風呂をおすすめしています。

お好きな素材を選べるだけでなく、浴室の形状や照明などもご希望通りの空間に仕上げることができます。

こちらの造作風呂は、約2坪の広いスペースを取り、窓から坪庭を眺められるホテルライクな浴室をお造りしました。

景色が浮かび上がって見えるよう、室内は黒を基調に落ち着いた色に。

浴槽にはヒノキ十和田石、床と壁には玄昌石と上質な素材を使い、ラグジュアリーな雰囲気を演出しました。

このようなお気に入りの浴室なら、1日の疲れがゆっくりほぐれていきそうです。

浴室は、家全体の中では小さなスペースかもしれませんが、心と体を癒してくれる大事な場所。

だからこそ、ディレクトでは「世界で一つしかないオーナーさまのこだわり空間」をお造りしています。

DIRECT Photo Gallery【和室・タタミコーナー】

こんにちは、ディレクトです。

日本家屋の特徴といえば、畳の香りが心地よい「和室」。

近年は、日本人のライフスタイルの変化から、以前に比べると「和室」を希望される方が少なくなっているように感じています。

もちろん、和室にこだわりを持って計画される方もいらっしゃいますが、時代が変化し、世帯環境も変化し、和室の捉え方が変わってきたのでしょう

和室」を設けるのではなく、リビングの一角に「タタミコーナー」を設ける方が多くなり、“和の空間”にも様々なタイプやデザインが生まれています。

今日は、これまでにディレクトがデザインした「和室・タタミコーナー」をご紹介したいと思います。

【和室】

白い空間に明るいカラーの畳を用いた、シンプルモダンな和室。

畳縁(たたみべり)のないものを選ぶことで、シンプルな空間に調和したデザインになっています。

襖ではなく、ガラス窓の大開口から自然光を呼び込む明るい和室

床の間のデザインもシンプルに。

リビングとの仕切り壁の一部を「ガラススクリーン」にした和室。

LDKからも光を呼び込み、視界の抜けが開放感を生み出します。

【タタミコーナー】

LDKの一角を、天井までのガラススクリーンとパネルで空間を分けてタタミコーナーに。

壁で仕切らないことで空間の広がりと家族の存在を感じて過ごせます。

中庭を望むくつろぎのタタミコーナー。

間仕切りを設けず、LDKと同一空間にした開放的な間取りです。

窓を開けて縁側のように腰かければ、日向ぼっこをしているような気持ち良さを味わえます。

リビングとの間に段差を付けて空間を分けています。

必要な時は、壁内に収納された扉を引けば個室にもなります。

開放的なひとつの空間を、リビングとタタミコーナーで緩やかに分けて。

扉を引いて個室にすれば、ご両親やゲスト用のお部屋としても使えます。

この他にも、ディレクトではオーナーさまのライフスタイルやこだわり、好みを取り入れた空間をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

DIRECT Photo Gallery【趣味部屋・書斎】

こんにちは、ディレクトです。

秋が深まるこの季節は、趣味に没頭したり、新しく何かを始める方が多いかもしれません。

そんな時、住まいに自分の好きなことをして楽しめる空間があれば…。

そう思っている方も少なくないはずです。

今日は、心に充実感を与えてくれる「趣味部屋・書斎」の事例を集めてみました。

遠くまで視界が広がる美しい書斎。

新しいワークスタイルにも合う豊かな採光と落ち着きのある空間です。

自分で自分の空間をカスタマイズしていく過程を楽しめる趣味部屋。

ひとつひとつコレクションが増えていくのが楽しみになりそう。

大きな本棚のある読書部屋。

お気に入りの1冊を手に、ソファでゆったりと自分の世界に浸れそうです。

仕事に集中できる、シンプルかつコンパクトなワークスペース

ガラスで仕切ることで、開放感のある空間に。

隣の部屋の様子もうかがうことができる安心感もあります。

リビング横の書斎スペース。

仕事をしたり、お子さまの学習スペースにしたり、ご主人の趣味スペースになったりと、家族みんなが多彩なアイデアで使える空間です。

掘りごたつの様に足元を一段下げて造り、コックピットのようなコンパクトなサイズ感とアンダーな雰囲気が落ち着きます。

趣味部屋・書斎の空間は、ご夫婦兼用で使用されることもありますが、ご主人のこだわりの空間として造る方が多いよう感じます。

仕事場として使わない場合は、比較的コンパクトなお部屋を希望される方が多いので、シンプルな空間に仕上げています。

興味深いのは、「椅子」へのこだわりを持っている方が多いこと。

座って過ごすことの多い趣味部屋・書斎だからこそ、快適な空間を作る第一歩は「椅子」選びから始まるのかもしれません。

この秋は、こだわりの空間を自分色に染めていく時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

DIRECT Photo Gallery【バルコニー・デッキ】

こんにちは、ディレクトです。

夏休みが始まり、ご家族でのアウトドアが楽しい季節です。

とはいえ、今年の夏もコロナ対策で外でのマスクは必需。

屋外だと何となく気を遣ってしまうという方は、おうちで思い切りアウトドアな夏を楽しんでみてはどうでしょうか。

今日は、「バルコニー」や「デッキ」の事例を集めてみました。


海を望む立地を生かしたくつろぎのバルコニー。

海風を感じながら、自然に身をゆだねて穏やかな時間を過ごせます。

刻一刻と景色が変わり、旅に出かけたような非日常空間を楽しめます。


1階LDKからフラットに続くウッドデッキ。

さらに芝生が広がり、開放感のある屋外空間に。

ジャグジーで贅沢な時間を過ごしたり、お子さまとプール遊びをしたり、のびのびと過ごせます。


最近は、2階LDK横にバルコニーやデッキを計画される方が増えています。

こちらのお住まいのように、外からの目線を入れない高めの壁を設ければ、プライベートな時間を楽しむ場所になります。


夜になれば、昼間とはまた違った表情がみられるのもバルコニーやデッキの面白さです。

室内から漏れ出る灯りや足元灯の落ち着いた雰囲気で、ひとり静かな時間を過ごせます。

夜風に当たりながら、お酒を楽しむのもいいですね。

バルコニーやデッキで過ごす時間は、子ども達とのプール遊び、非日常の贅沢感、BBQ を楽しむ心弾む時間など、おうちの中で過ごすのとはまた違う価値があるように思います。

また、日常のメンテナンスなどを考慮して、樹脂製デッキをおすすめしていますが、天然木のデッキも施工可能です。

お客さまのご要望とライフスタイルに合わせて提案いたしますので、お気軽にご相談ください。