COLUMN

多彩におうち時間を楽しむ家【S HOUSE】

こんにちは、ディレクトです。

今日は、石川県羽咋市に新築した「S House」をご紹介します。

S Houseは、建物と一体化したオープン型インナーガレージを備えたシンプルモダンなお住まいです。

ディレクトらしいちょっと尖ったガレージデザインが、目を惹きます。

玄関を開けてLDKへ進むと、外観からは想像できないほど明るく開放的!

吹き抜けリビングと大開口サッシが、大空間ならではの心地よい空間を作り出しています。

床と天井の高さに変化を付けることで、空間にリズムが生まれています。

リビング横には、「アウトドアリビング」として使える広々とした中庭をお造りしました。

土間のような空間を間にいれることで、リビングから中庭への一体感とつながりが生まれ、より広がりを感じさせてくれます。

もちろん、中庭は、外からの視線が入らないプライベートな空間に。

光と風を感じられる窓際スペースが、休息を楽しむ特等席になりそうです。

印象的な「スケルトン階段」も、空間のシンボル的なデザインで仕上げました。

2階から降りてくる時に、お気に入りのLDKが見えるだけで心が躍ります。

落ちる影も空間デザインの一部になり、刻一刻と変わる豊かな表情を楽しませてくれます。

1階LDK奥には、多目的に使える「趣味の部屋」をお造りしました。

好きなことに思う存分没頭できる“アトリエ”に、

テレワークのための“ワークスペース”に。

そして、家族に気兼ねせず盛り上がれる“ゲストルーム”としても使えるよう、外からも直接入れるドアやミニキッチン、テラススペースも設置しました。

開放的なLDKと対照的に、落ち着いたモノトーンコーディネートでおこもり感を演出しています。

照明が灯ると、ラグジュアリーな雰囲気が漂います。

他にも、家事の合間にちょっとした作業ができるデスクスペースや、寝室横の書斎スペースなど、それぞれがちょうどよいおうち時間を過ごせる空間があります。

ご夫婦と何度も対話を重ねて完成した、S House。

暮らしに合わせて様々な“顔”を持つ、生活の楽しさが広がるお住まいです。

S HOUSEの施工事例は、「WORKS」でもご紹介しています。

www.direct-co.com/works/special/160-s-house/

▼インスタライブ・アーカイブはこちら

www.instagram.com/reel/CgnbG5nhEUc/

適量適所の収納

こんにちは、ディレクトです。

先日開催した完成見学会で、あるお客さまが「収納が使いやすい場所に、丁度いい大きさで作られているのがいいですね」と言ってくださいました。
デザイン以外の設計の工夫にも気づいてくださったのが、とても嬉しかったです。

収納は、家の設計において最もライフスタイルが表れる場所ではないかと思っています。
暮らし方が違えば、収納の使い方や必要な場所、収納量も一人ひとり違って当然です。

「どこに作るのがよいのか?」
「どのような物をどれだけ収納したいのか?」

設計前に、お客さまの理想の暮らし方じっくりとヒアリングをすることでイメージを膨らませ、収納デザインひとつとっても、“新しい暮らし方や快適な生活空間を提案”することを意識しています。

ディレクトの収納計画の考え方は、「収納は使い勝手を考えて、適切な大きさで適所に作る」こと。
そして、「動線上にいかにさりげなく設けるか」です。

最近人気のファミリークロークであれば、1階の家事動線上に作るのが便利です。
洗面室、脱衣室、サンルームの動線上に設ければ、「収納する」という動作もスムーズでラクに。
ドアをなくせば出し入れもしやすく、使いやすさが向上します。
家族が多ければ広めに、少なければコンパクトにしてLDKを充実させてもいいですね。

こちらのG HOUSEでは、1階玄関近くにファミリークロークを設けているのですが、出張が多いご主人のために、玄関奥にも広めの収納を設けました。
出張で使うキャリーバッグや服(スーツ)類は、家の中に持ち込まず玄関収納にまとめておくことができます。

週末に食材や飲料などをまとめ買いするという方は、1階のファミリークロークをパントリー兼用で作るのもおすすめです。
収納をあちこちに作らず、一つのスペースでまとめれば使い勝手もよくなります。

他にも、十人十色の収納計画がありますが、収納に対しては、結構凝り固まったイメージを持たれている方が多いです。
例えば、寝室に大きなウォークインクローゼットを作る、子ども部屋にはクローゼットが必要など。
収納は、作れば作るほどスペースが必要になります。
一つの収納をなくせば、リビングをより大きく計画することだって可能です。

お客さまが理想とする暮らし方に合わせた、適量適所な収納計画とは?

ディレクトの設計士は、いつもそんな疑問を投げかけ、お客さまの収納に対する固定観念を覆すような提案をしています。

DIRECT Photo Gallery【ホテルライクインテリア】

こんにちは、ディレクトです。

毎日忙しく働く現代の人々。
家ではゆっくりのんびり過ごしたいと、日常に癒しを求める方も多いと思います。
そのような方に人気が高いのが、ホテルのようなくつろぎ感のある「ホテルライク」な家づくりです。

店舗設計を多く手がけるディレクトでは、その知識と経験を生かしてホテルライクな空間コーディネートも数多くご提案しています。
・ハイドア、ハイサッシのすっきりした空間インテリア
・店舗設計を意識した照明設計
・ホテルで使用されているような高級感のある素材選び
・非日常感を演出した統一感のあるコーディネート

そのような、住宅という枠にとらわれない空間デザインは、他とはひと味違うラグジュアリーな空間を生み出します。

今回は、私たちが手掛けた高級感あふれる「ホテルライクインテリア」の事例を3つご紹介します。

1:【H HOUSE】

大開口から田園風景を望む、くつろぎ感あふれるH HOUSE。
玄関のピクチャーウィンドウも印象的です。
この場所の魅力をより引き出すために、外構設計もディレクト設計士が手掛けています。

板張りの天井や造作家具、ホテルのような照明設計など、統一感のあるコーディネートは、まるでホテルラウンジのよう。
エントランスやLDKに使用した「大理石」や「タイル」などの素材が、よりラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

2:【I HOUSE】

お庭に水盤、バルコニーにジャグジーがある非日常感たっぷりのI HOUSE。
大理石の床や大開口・吹き抜けの開放的な空間は、まるでリゾートホテルにいるかのような高級感にあふれています。

白を基調にシンプルなモノトーンでまとめたインテリアは、日中は自然光に満ちた明るく気持ちのよい空間に。
夜は照明効果で、深いくつろぎや心地よさをもたらしてくれます。
おうち時間が特別な日常になる、そんな憧れの住まいコーディネートです。

3:【K HOUSE】

スタイリッシュブラックインテリアのK HOUSE。
H HOUSEともI HOUSEともまた違う、落ち着いた雰囲気のホテルライクな空間です。

浮遊感のあるモダンなスケルトン階段や、床材を合わせることで中庭と一体感が生まれたLDKなど、抜け感や広がりを感じるデザインが心地よさを生み出しています。
また、玄関アプローチは、クリアなガラス戸と店舗のような照明設計で、ホテルエントランスのようなイメージで空間を演出しています。

その他にも、「WORKS」で、私たちが建築したホテルライクな住まいをご紹介しています。
ぜひご覧ください。
www.direct-co.com/works/

現代の暮らし方の変化と住まいの形

こんにちは、ディレクトです。

2020年に始まったコロナウィルスの影響で、人々の生活様式は大きく変わりました。

リモートワークや働き方の多様化、家での過ごし方など、新しい住まいの在り方・作り方を考える人も増えたのではないでしょうか

しかし、実は、住まいに求めるものは、いつの時代であっても、時代の進化と共に日々少しずつ変化していっています。

少し前までは当たり前だったものが、必要とされなくなったり。

これまではなかった新しいものが、定着しつつあったり…。

例えば、「収納」の作り方。

これまでは、多くのお客さまが「収納をたくさん作りたい」と希望されていましたが、最近はそうでもありません。

「ミニマル」「シンプル」な生活を好む人、使わなくなった物はフリマアプリで売るなどの“物をたくさん所有しない暮らし方をする人が増え、住まい全体の収納数が減少しています。

代表的なのが、子ども部屋のクローゼットを「つくらない」または「ドアなしで作る」というケース。

これまで、子ども部屋は「収納付き6~8畳」が一般的でしたが、最近の標準は4.5~5.5畳。

子ども部屋を小さくする分、リビングや家族共有の収納スペースを充実させる傾向にあります。

・各部屋の収納スペースを小さくorなくして、ファミリークローゼットを作る。

・子どもは将来独立するので、極力シンプルなデザインに。

・子どもはクローゼットの開け閉めをしないので、ドアをなくして部屋を広く見せたい。(ロールスクリーンを設置して隠せる工夫)

その他にも、最近“いるもの”として定着しつつあるのが、「お掃除ロボ」や「ウォーターサーバー置き場の設置

逆に、“いらないもの”は、お風呂のミラーや和室(個室)など。

掃除が大変、リビングを広くしたいから和室ではなく畳スペースにして極力シンプルに、など、暮らし方への考え方の変化が、住まいの形に影響をもたらしています

毎日住宅と向き合っている私たちは、そのような変化を敏感に感じ取りながら、お客さまにベストな住まいづくりをご提案しています。

でも、家は20年、30年と暮らしていくもの。

ディレクトがご提案するシンプルな空間なら、飽きがこず、柔軟性・可変性にも優れています。

今だけでなく、これからの暮らしやライフスタイルも考える

自分たちらしい住まいづくりをご提案する。

そんなお一人おひとりに合わせたベストな家づくりを、一緒に考えていきたいと思っています。

【OPEN HOUSE】 9月10日・11日

こんにちは、ディレクトです。

9月10日(土)、11日(日)に、福井県福井市にて完成内覧会を開催します。
今回みなさまにご覧いただく新築邸は、吹き抜けLDKの大開口が、印象的な外観のお住まいです。
外観、室内ともに、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

室内は、自然光に満ちた明るく心地よい空間
特にLDKは、吹き抜けの大開口から光をたっぷり取り込み、開放感にあふれています。
LDKから繋がるインナーテラスによって、より空間の広がりが感じられ、くつろぎ感も演出しています。
外からの視線を気にしないプライベート空間なので、アウトドア気分を味わいながら、贅沢なおうち時間が楽しめます。

また、「スムーズな家事動線+適材適所の収納計画」で、心地よい暮らしをデザインしているのも、ディレクトの家の特長。
写真だけでは分からないその快適性を、ぜひ実際の住まいでご体感ください。

なお、完成内見会は「完全予約制」となっております。
事前に下記お問合せ方法にて、ご予約いただきますようお願いいたします。
またインスタライブも同時開催の予定です。
詳細は、インスタグラム(@directco.ltd)でお知らせします。

〈新型コロナウイルス対策について〉
・スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。
・ご予約は1時間に2組限定とさせていただきます。
・換気のため玄関ドアや窓を開放させていただきます。
・マスク着用、手指の消毒のご協力をお願いいたします。

■開催日:9月10日(土)、11日(日)
■開催時間:10:00~17:00
■開催場所:福井県福井市 ※詳細はご予約時にお伝えします
■予約方法:予約フォームまたはお電話、インスタグラムDMにて▼
TEL 0776-43-0421(8:30〜17:30)