COLUMN

ディレクトのお客さまはどのような方が多い?

こんにちは、ディレクトです。

みなさんは、家づくりに何を求めますか?

「ディレクトで家を建てたい!」とお考えの方は、デザイン性や雰囲気に期待されてご相談にいらっしゃいます。

「人とは違う暮らしがしたい」

「人と違う家を建てたい」

このような、「自分たちらしいライフスタイルを楽しめる家」を求めているお客さまが多いようです。

設立当時、美容室などの店舗の設計監理をしていたので、今も高感度でおしゃれな美容師のお施主さまも多いのですが、大多数は一般企業や公官庁にお勤めの方。

弊社のホームページやSNS、街中でディレクトの家を見て魅了されたという方も多く、

「家を建てるならディレクトしか考えていません!」

「ディレクトさんにお任せします!」

とおっしゃる『ディレクトファン』なるお客さまも少なくありません。

家づくりをする時には、いくつか住宅会社を比較検討される場合が多い中で、そのように絶大なる信頼を寄せていただけるのは、とても嬉しく思います。

デザインへの期待感、想像を超えるワクワク感―。

家を建てる上では、耐震や性能、価格も大切かもしれません。

しかし、住宅デザインには、「暮らしを豊かにする力」があります。 ディレクトのお客さまは、「家づくり」も「住みはじめてからの暮らし」も、どちらも心から楽しんでいらっしゃる方が多いです。

建築工法と素材

こんにちは、ディレクトです。

私たちが建築する住宅は、統一感のあるデザインを重視しています。

そのため、他社のように安全性や機能性、工法のこだわりなどを強くアピールしていません。

もちろん、ないがしろにしているわけではありませんが、それよりも、ディレクトにしかできないデザインをご提案することが、お客さまにとってより大切だと考えているからです。

ただ、「デザイン」という観点から考えても、日本で最も一般的な「木造軸組工法」は住宅設計に適しています。

木造軸組工法は、間取りや住宅デザインにおける表現の自在性が高く、開放的な高い吹抜けや大きな開口部(窓)なども作りやすく、太い梁を使用することによって、広い大空間を取ることもできます。

スタイリッシュな空間作りには、素材の選び方も重要です。

人気は、アイアンやスチール、モノトーンなどの無機質な素材と色合い。

クールな素材に木材を組み合わせれば、無骨ながら温かみのある雰囲気をプラスすることもできます。

例えば、無垢材のフローリングや家具。

木の優しい質感を上手く取り入れることで、和やかで心地良い住空間を演出できます。

空間デザインに合わせて、テレビボードやダイニングテーブルなどの造作家具もお受けしていますので、ご相談ください。

間取りや素材などディテールへのこだわりで、空間の雰囲気は全く異なった仕上がりになります。 空間設計からインテリアデザインまでトータルでご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ディレクトと造る家

こんにちは、ディレクトです。

ディレクトは、スタイリッシュでモダンなデザインを目指した住宅を建築しています。

しかし時々、

「デザイン注文住宅って高いのでは?」

「デザインは良くても、住み心地はどうなの?」

というイメージを持たれることもありますが、そんなことはありません。

実際に、お客さまにご予算を提示したら、「えっ?意外と予算に収まるかも!?」と驚かれることもあります。

住み心地においても、注文住宅だからこそ、ご家族が居心地の良さを感じられる住空間が設計・デザインできると考えています。

そのために大切にしているのが、お客さまとの対話です。

好みやテイスト、家づくりへの想い・願いをじっくり伺い、プランニングしています。

プラン提案時には、「住宅模型」を使ってご説明しています。

なぜ模型を使うかというと、平面より立体のほうが、家を建てる前に実際の暮らし方が見えてくるからです。

外観・室内デザイン、間取り、部屋の大きさ、光や風の入り方、生活動線、家事動線、天井の高さなど、模型の中なら自分たちが生活している様子を想像しやすい。

すると、お客さまからは、「ここにもコンセントがほしい」「造作収納をつけたい」などのアイデアがたくさん出てきます。

プランをよりブラッシュアップしていくことで、実際に住み始めてからの住み心地や暮らしやすさは、格段にアップします。

一生に一度、ご自身の未来のライフスタイルを造る家づくりだからこそ、これまでに経験したことのないようなワクワク感、期待感を味わっていただきたいと思っています。 ディレクトなら、「デザイン」も「住み心地」も「価格」も、お施主さまにとってベストな家づくりを実現いたします。

家づくり・デザインにかける想い

こんにちは、ディレクトです。

私たちが目指している住まいは、デザインの中に暮らしの温かみが感じられる住宅です。

お客さまが、家づくりでどれだけワクワクしてもらえるか?

住みはじめてから、「ディレクトで建てて良かった」と心から思っていただけるか?

そんなことをイメージしながら設計しています。

ディレクトがデザインを考案するときの基準は、きれいに見えるか?or見えないか?

メリハリをつけて、スッキリみせるシンプルなライン。

外から見ても、内に居ても「かっこいい」と思える心地よさ。

自分たちもお客さまも、一目で惹き付けられる住まい。

そんなデザイン・設計ができているかを、設計士は常に考えているのです。

しかし、ディレクトが大切にしているのは、独りよがりなデザインや住宅設計ではなく、お客さまの想い・願いをカタチにすること。

だから、建築デザインのアイデアは、設計士がお客さまと話しをする中から生まれます。

お客さまの好みや住まいへの想いは、十人十色。

決まりきった形がないからこそ、それぞれの個性を生かしつつ、既成概念にとらわれないかっこよさをプラスした住まいをご提案したいと思っています。

もちろん、デザインするのは「建物」だけではありません。

初回プランから、外構や造作家具、インテリア、照明などの空間設計までをトータルでご提案します。

さらには、室内に置く「家具」や「家電」のご相談をお受けすることも…。 家づくり・住宅デザインを通して、みなさまの心の琴線に触れるようなライフスタイルづくりをしていきたいと考えています。

DIRECT COLUMN

こんにちは、ディレクトです。

家づくりをしていると、住まいの数だけ様々な暮らしのかたちがあり、暮らす人の想いも個性もそれぞれ違って素敵だな、といつも感じさせられます。

このコラムでは、そんな家づくりをする中で日々感じることをお伝えしていきたいと思います。

今回は、私たち『ディレクト株式会社』について。

ディレクトは、石川と福井を中心に、デザイン住宅の設計、施工、建築までトータルプロデュースしている住宅会社です。現在、白山本社、七尾支店、福井支店の3拠点で事業展開しています。

スタッフはみな、デザインが好きで個性的で、他の会社とは違うところを目指している会社です。

ちなみに、社名の『ディレクト』は、英語の「DIRECTION」(意味:方向・方角導くなど)から名付けられました。

他にはない、シンプルで洗練されたデザイン、そして既成概念にとらわれない自由な発想の住宅建築で、お施主さまの暮らし方までをディレクションしております。

ディレクトの前身は、1997年に代表・四方(よも)が創業した「四方建築」。

社長は元大工職人で、自ら棟梁として新築・リフォームを手掛けながら、お客さまと信頼関係を築いてきました。

そして2007年、白山市に「ディレクト株式会社」を設立。 

店舗の設計監理・施工にて実績を積み、そのデザイン性や丁寧な施工で、熱狂的なファンが増えて、設立から数年で住宅建築へと幅を広げました。 設計事務所と工務店を合わせた「あたらしいカタチのオーダーメイド工務店」をコンセプトに、それぞれのお施主さまの想い・願いを受け止め、デザイン・設計から施工・建築までをすべて行っています。