COLUMN

CATEGORY :「家づくりコラム」に関連する記事一覧

ヴィンテージを楽しむ暮らし

こんにちは、ディレクトです。

ミニマリストコンパクトシンプル

最近、このような暮らし方が若い人に人気です。

白を基調とした空間やモノトーンで統一した家、余計な物を持たずにスッキリ整った暮らし方は、スタイリッシュでかっこいいです。

しかし、経年変化で味わいが深まっていく「ヴィンテージ感」というものまた、愛着を感じられていいものです。

弊社で施工したリノベーション工事の一例をご紹介させていただきます。

元のお住まいは、祖父の代からずっと住み続け思い入れのある、築100年ほどの木造住宅。

古いけれど深みと個性が感じられる柱や梁の躯体(くたい)のみを残し、それらをあえて表しにして風合いを出しながら、新しい形で次の世代へと受け継ぐことに

これまで使用していなかった素材、例えば、鉄骨の手摺やスチールの棚などを組み合わせて、現代に合う居住空間をご提案しました。

ヴィンテージ感ならではの深い味わいが引き立った『無機質×有機質の融合』は、新築では表現できない魅力・表情を引き出すことができます。

欧米の人々は、「良い家に長く住み継ぐ」、「良い物を長く使い続ける」という考え方を持っています。

つまり、新しい物より「使い込まれた古い物=ヴィンテージ」に価値を見出しているのです。

家も、築年数が古いほど、価値が高くなっていくそうです。

「ヴィンテージ」の魅力は、使い込まれたことで生まれる深い味わいや個性を楽しめること

そして、大切に使い続ける中で生まれたストーリー(愛着心や思い出)を残し受け継いでいけることです。

エイジングの風合い、特に50年以上使い込まれたものは、新しい建材では出せない深みがあります

間取りや住宅性能は全て新しくして、住み心地は向上させながら、ここでまた新しいストーリーを、ひとつ、またひとつとプラスしていく楽しさがあります。

これからも、このお住まいのように、長く愛着を持って住み継いでいける家づくりをしていきたいと思っています。

明るい家 【F House】

こんにちは、ディレクトです。

今日は、スタイリッシュな外観デザインの「F house」をご紹介します。

こちらのお住まいのコンセプトは、「明るい家」。

敷地の西側がひらけた田園だったことから、大きな開口の窓を並べたデザインに。

同時に、コンセプトになっている「明るさ」を豊かに取り込む居住空間も叶えています。

また、「白とステンレスで全体を統一したい」というオーナーさまのご要望に寄り添い、スッキリ感のある空間を設計しました。

室内のあらゆる所に、「白とステンレス」が存在しています。

外観や建具、造作家具に白を、サッシにはステン色、造作家具の小口にもさりげなくステンレスを採用しました。

もちろん、住宅設備や家電は、オールステンレスで揃えました。

床のナラ材との相性も良く、「無機質×有機質」の異素材の組み合わせで個性的なコーディネートを楽しめます。

LDK の大きな開口の窓には、オーナーさまのこだわりで「ハンターダグラス」を取り付けました。

ハンターダグラスは、レースの繊細な美しさと機能性を兼ね備えたシェード。

窓から入る光を拡散し、お部屋のより奥まで届けてくれます。

その魅力を最大限に活かし、シェードを下げていても明るい空間になっています。

「明るい家」のWORKSはこちら▼

www.direct-co.com/works/special/112-f-house/

設計士が魅了される建築 【豊島美術館】

こんにちは、ディレクトです。

世界には数多くの建物が存在し、その中には、多くの人々を惹き付けてやまない「名建築」と言われるものがあります。

私たち設計士は、自分で設計するだけでなく、それらを見て歩くことも好きです。

素晴らしい建物を目の前にすると、言葉にできない感動に心が震えます。

そして、自分の設計や考え方に良い影響を与えることも少なくありません。

今回ご紹介する【豊島(てしま)美術館】もその一つです。

(引用元:benesse-artsite.jp/art/teshima-artmuseum.html

豊島美術館は、香川県の瀬戸内海にある小さな島「豊島」にある美術館です。

美しい棚田が広がる高台にあり、目の前に穏やかな瀬戸内海を望むことができます。

「美術館」ではありますが、普通の美術館とは違って展示されている物はなく、建築自体が作品となっています

設計は、建築家の西沢立衛さん

建築家・妹島和世さんと共同設計した「21世紀美術館」でも知られる建築家です。

豊島美術館にあるのは、白い大きなカーブに2つの穴が開いた洞窟のような「母型」。

この中では、地面の至る所から湧き出るように水滴がこぼれていくインスタレーションがあるのみ。

耳を澄ますと、開口部から鳥の声や木々の擦れる音などが聞こえてきます。

水滴の不規則な動きや天候、時間によって見え方が変わるのが面白く、静かに空間に身を置いて自然との融合を感じていると、いつの間にか時間が経ってしまっている不思議な建築です

自分自身と自然の環境、建物が一体となり、他にはない空間体験が味わえます。

風を呼び込む家

こんにちは、ディレクトです。

東から西へと爽やかな風が吹く、初夏を感じる気持ちの良い季節。

今年のゴールデンウイークは、みなさんどのように過ごされたでしょうか?

私たちは、家づくりにおいて、陽当たりと同じくらい「風通し」を大切に考えて設計をしています。

近年の住宅は、気密性が上がり「夏涼しく・冬暖かい」嬉しい効果もありますが、だからといって1年中窓を閉め切って過ごすのが、本当によいのでしょうか?

密閉しすぎる家は、空気が澱みます。

カビやホコリによる健康リスクの原因となるだけでなく、澱んだ空気の中での生活が居心地よいとは思えません。

そこで大切なのは「換気」=「風通し」です。

昔の日本家屋が長持ちする理由の一つは、程よく隙間風が入り、内外の温度差を少なくするよう考えられているからです。

内外の気温差をなくすことで、湿気を逃がし、カビ発生のリスクも軽減してくれます。

風通しは、家を長持ちさせるためにも大事なことなのです

家は生きています

密閉して息苦しい居住空間より、爽やかな風が通り深呼吸のできる家のほうが心地よいと思いませんか?

風を効果的に呼び込むには、設計において「窓」の配置がポイントになります。

対角にバランスよく配置する。

風を入れる窓は細く、風を出す窓は大きくする。

下から上に風が抜けるように窓を配置する。

このような窓を設計すると、爽やかな風が家全体を通り抜けて、程よく換気を行ってくれます。

2 方向にある窓には「自然に風が通る道を作ってあげる」という意味がありますし、ひらけた土地に対しては大きな開口を設けてあげるという考え方も、家に風を呼び込む設計のポイントになります。

ディレクトの家づくりでは、周辺の建物のスキマなども事前に確認し、考慮した上で窓の配置計画をしています。

「風」のことも考えて設計をして、より居心地のよい家をお造りしています。

現場監督の重要性

こんにちは、ディレクトです。

家づくりは、設計士や職人さんなど、いろいろな人が関わって完成します。

その中に、「現場監督」という仕事をする人がいます。

お客さまとの接点が少ないので、陰に隠れがちな仕事ですが、実はとても重要な役割を担っています。

現場監督の主な仕事は、工事をスケジュール通りに進めること。

一言で簡単に言ってしまいましたが、工事が始まるとイレギュラーなことが度々起こるため、トラブルなくスムーズに進めることは大変困難です。

・図面通りに進んでいるか?

・建築材が不足していたり、到着が遅れたりしていないか?

・職人さんの段取りが滞りなくできているか?

・施工がしっかりと丁寧に、質高く行われているか?

…など、数えればキリがないほど多くの仕事があります。

発注数の見極めや、品物を現場の進行状況に合わせてタイミングよく納品することも求められます。

他にも、素材の仕上がりをチェックしたり、施工のトラブルがあれば設計士と相談してやり直しをすることもあります。

さらにもう一つ、現場監督の大事な仕事が「近隣への配慮」です。

むしろ多岐に渡る仕事の中でも、一番大事だと言っていいと思います。

工事を始める時に挨拶回りをしたり、工事中の騒音などに配慮したり。

オーナーさまは、その場所でこれからもずっと住まわれるわけですから、始まり良ければすべてよし、工事によって近隣とのトラブルが起きないように常に気を配っています。

現場監督は、家づくりに関わる物や人をつなぐ架け橋のような、なくてはならない重要な仕事なのです。