COLUMN

「神は細部(ディテール)に宿る」

こんにちは、ディレクトです。

「神は細部(ディテール)に宿る」という言葉をご存知でしょうか?

近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエの名言と言われていて、建築に携わる人ならば、一度は聞いたことがある言葉です。

この言葉の意味は、「細部(ディテール)へのこだわりが作品の本質を決める」というような意味です。

細かなところまで気を配って作られたものこそ、良いもの、美しい作品になるであるということです。

ディレクトの家づくりにおいても、この言葉の通り、設計やデザインにおいて細かなところまで考え抜いたご提案をしています。

一本の線、無駄を排除したシンプルなデザイン、納まりの美しさなど、なぜそうするのかを追求し、シンプルで美しい家を造り出しています。

特に、「線の美しさ」には並々ならぬこだわりがあります。

線の美しさといっても、キレイなラインで仕上げるという意味ではありません。

極力無駄な線を省きつつも、機能性はしっかりと残した“快適性を追求した空間デザイン”へのこだわりです。

例えば、ディレクトの特徴でもある「ハイドア」「ハイサッシ」です。

天井まであるドアや窓を設けることで、景色をより美しく見せたり、中庭と一体感を生み出す開放感のあるリビング空間を演出できます。

サッシの枠や壁面を排除して、必要最低限の線で仕上げる。

そのような考えられた細部デザインは、空間の質を向上さ、より美しく居心地の良い空間を作り出すことができると考えています。

他にも、幅木(はばき)や玄関の框(かまち)では、機能性を残しつつ極力小さく細く仕上げることで、よりシンプルで洗練されたデザインを生み出しています。

ディレクトの内見会にいらっしゃったお客さまは、実際の建物を見た時に「理由はわからないけれど、これまで内見会で見た家とはクオリティが違う」とおっしゃる方が多いです。

私たちがディテールにこだわる原点には、お客さまがより快適で、より心地よく感じられる住空間を作りたいという想いがあります。

家づくりは、ただ建物を造ることではなく、暮らしをデザインするものであるからこそ、細部まで丁寧にこだわったご提案をしていきたいと思っています。