COLUMN

CATEGORY :「家づくりコラム」に関連する記事一覧

照明と室内デザイン

こんにちは、ディレクトです。

日が落ちるのが早くなり、灯りをつける時間が長くなると、ふと「照明」について考えてしまうことがあります。

照明は、取り入れ方によって室内デザインや雰囲気を変えてしまいます。

照明デザイナー」という職業もあるくらいですから、やっぱり照明は暮らしの中で重要なものなのです。

私たちも、お客さまが望まれている暮らし方によって、どんな照明を取り入れようかといつも思案しています。

照明を考える場合、まず大きく分けて2つのパターンがあります。

インテリアのアクセント」として用いるのか、「明るさの確保」として考えるのか?

照明を「インテリアのアクセント」とする場合は、ペンダントやウォールランプ、スタンドランプなどの、主張しすぎず流行に左右されない照明を用います。

ディレクトでは、主に北欧プロダクトのデザイン照明を使用しています。

明るさの確保」のための照明であれば、ダウンライトや間接照明、スポットライトなどのなるべく目立たず、主張しないものを選んでいます。

そして、色、形、配置などで居心地のよい空間となるよう照明計画をプランニングしていきます。

では、それらをどう室内デザインと組み合わせていくのかというと、「主張しすぎない」というのがポイントになってきます。

例えば、照明の光源が見えない、または見えにくくする工夫

照明をできる限りまとめて配置する工夫

特に、ダウンライトやスポットライトなどは、照明器具の存在感をなくすようにする。

ダウンライトは、壁紙の色と同色にして空間に同化させる、といった方法があります。

最近いいなと思っているのが、「グレアレスダウンライト」。

人の視角・仰角を考慮し、光源が視界に入らないよう設計されているため、不快なまぶしさを感じず目に優しいのに、しっかりと明るさを確保して空間を演出してくれます。

シームレス(継ぎ目のない)な間接照明も、建築物の一部として天井や壁面に器具を組み込むことで、光のグラデーションにより上質な空間演出ができておすすめです。

また、サッシや階段に黒を用いた場合は、アクセントとして黒枠のダウンライトを用いることもありますが、極力小さいサイズを選び存在感を小さくさせています。

灯りは、はっきりとした形こそありませんが、空間に豊かな表情を演出(デザイン)してくれるのです。

室内配色

こんにちは、ディレクトです。

みなさんは、どんな雰囲気の家をつくりたいとお考えでしょうか?

お客さまとお話しをしていると、デザインはもちろん「色」にもこだわっていらっしゃる方が多いように感じます。

家を設計している私たちにとっても、「色」は重要な要素

白なのか、黒なのか、はたまたグレーなのか、木の色なのか…?

すごく細かいことを言えば、白といっても純白もあれば、オフホワイトのような少し黄みがかった白など、さまざまあります。

では、たくさんの選択肢の中から、室内にどんな「色」を選ぶのか?

メインの色は、お客さまがどんな家を造りたいかというこだわり次第ですが、白なら明るい空間に、黒ならかっこいい雰囲気に、木の色なら温かみを演出できます。

もし自分が家を造るとするならば、シンプルな白

白は、主張しすぎず、他の色とも調和しやすいからです

もちろん、1色だけだと無機質な感じになってしまうので、2色、3色を上手く掛け合わせることで、居心地のよい室内が生まれます。

ただ、あまり色が多くなってしまうと、まとまりのない空間になってしまうので難しいですね…。

お客さまへの提案で気を配っているのが、

飽きがこないようにする

流行にながされない

この2点です。

グルメやファッションのように、家のデザイン、色、内装、インテリアにも流行りがあります

しかし、人は飽きやすいものです。

だからこそ、流行りに惑わされてはならないと思っています。

5年後、10年後も心地よく暮らせる色だろうか?

ひとつひとつ、そうやってお客さまと対話しながら決めていくのです。

色ひとつで部屋の雰囲気は変わります。

普段、何となくで選んでしまいがちな「色」ですが、ちょっと興味を持って考えてみるとおもしろいかもしれません。

景色のある空間

こんにちは、ディレクトです。

家を設計するときに、光や風などの自然との関わりは切っても切れません。

その室内と屋外をつなぐ役割をしてくれるのが「窓」です。

窓は、光や風を通すだけでなく、外の景色をとりこみ、室内空間で過ごす時間を豊かなものにしてくれます。

日常に景色のある暮らしは、心を整えてくれます。

中庭のプライベートな景色を楽しんでもいいですし、周辺の景色を生かした「借景」を取り込むのもひとつのアイデア。

お庭が見える窓、田園風景を望む窓、青空が広がる窓と、どの位置に窓を付けるかで景色も変わってきます。

最近は、「大きな窓にして景色を楽しみたい」というご要望も多く聞かれます。

ただ、どこにでも大きく窓が作れるわけではありません。

お住まいになる土地や気候、デザインのバランスも大事になってきます。

その周辺環境の良さを理解した上で、メリハリのあるデザインを心がけています。

また、景色を楽しもうとすると、案外と窓枠(サッシ)が邪魔になることもあります。

サッシを見せない工夫をするだけでも、印象は変わります。

景色を取り込む窓にも、こんな細やかな気配りを忘れてはいけないのです。

家具選び

こんにちは、ディレクトです。

家を設計・デザインしていると、どうしても家具やインテリアも気になってしまいます。

このお客さまなら、こんなソファを置いて、ここには照明を付けて…。

そう考えているだけで、楽しくなってきます。

家は、そこに暮らすご家族がいて初めて命が吹き込まれます

ご家族が楽しそうに暮らしていらっしゃる家には、決まってお気に入りの家具があるものです。

それは、家を建て替える前から使っていたソファかもしれないし、新しくした椅子や、家の雰囲気に合わせて大工さんが造ってくれた収納棚かもしれません。

どんな物であっても、愛着のある家具があると、住まいは豊かになります。

家づくりをする時には、空間づくりの細かな点にも目を向けてみてください。

時々、お客さまから、

「どんな家具を選んだらよいですか?」

「せっかくの雰囲気を壊さないか不安なので、アドバイスが欲しいです」

と、ご相談されることも。

ディレクトでは、お打ち合わせの段階から、設計士が家具も含めた空間コーディネートをご提案しています。

材質や色の統一感や配置など、お客さまがイメージしていらっしゃる空間により近づけるようにアドバイスさせていただきます。

市販の家具にすれば、どれにしようか選ぶ楽しみがあります。

造作家具にすれば、注文住宅ならではの統一感やまとまりがでて、よりセンスアップされた空間がお造りできます。

どちらにしようか、どんな家具にしようか、空間を作り上げていくワクワク感も家づくりの楽しさです。