COLUMN

CATEGORY :「家づくりコラム」に関連する記事一覧

適量適所の収納

こんにちは、ディレクトです。

先日開催した完成見学会で、あるお客さまが「収納が使いやすい場所に、丁度いい大きさで作られているのがいいですね」と言ってくださいました。
デザイン以外の設計の工夫にも気づいてくださったのが、とても嬉しかったです。

収納は、家の設計において最もライフスタイルが表れる場所ではないかと思っています。
暮らし方が違えば、収納の使い方や必要な場所、収納量も一人ひとり違って当然です。

「どこに作るのがよいのか?」
「どのような物をどれだけ収納したいのか?」

設計前に、お客さまの理想の暮らし方じっくりとヒアリングをすることでイメージを膨らませ、収納デザインひとつとっても、“新しい暮らし方や快適な生活空間を提案”することを意識しています。

ディレクトの収納計画の考え方は、「収納は使い勝手を考えて、適切な大きさで適所に作る」こと。
そして、「動線上にいかにさりげなく設けるか」です。

最近人気のファミリークロークであれば、1階の家事動線上に作るのが便利です。
洗面室、脱衣室、サンルームの動線上に設ければ、「収納する」という動作もスムーズでラクに。
ドアをなくせば出し入れもしやすく、使いやすさが向上します。
家族が多ければ広めに、少なければコンパクトにしてLDKを充実させてもいいですね。

こちらのG HOUSEでは、1階玄関近くにファミリークロークを設けているのですが、出張が多いご主人のために、玄関奥にも広めの収納を設けました。
出張で使うキャリーバッグや服(スーツ)類は、家の中に持ち込まず玄関収納にまとめておくことができます。

週末に食材や飲料などをまとめ買いするという方は、1階のファミリークロークをパントリー兼用で作るのもおすすめです。
収納をあちこちに作らず、一つのスペースでまとめれば使い勝手もよくなります。

他にも、十人十色の収納計画がありますが、収納に対しては、結構凝り固まったイメージを持たれている方が多いです。
例えば、寝室に大きなウォークインクローゼットを作る、子ども部屋にはクローゼットが必要など。
収納は、作れば作るほどスペースが必要になります。
一つの収納をなくせば、リビングをより大きく計画することだって可能です。

お客さまが理想とする暮らし方に合わせた、適量適所な収納計画とは?

ディレクトの設計士は、いつもそんな疑問を投げかけ、お客さまの収納に対する固定観念を覆すような提案をしています。

現代の暮らし方の変化と住まいの形

こんにちは、ディレクトです。

2020年に始まったコロナウィルスの影響で、人々の生活様式は大きく変わりました。

リモートワークや働き方の多様化、家での過ごし方など、新しい住まいの在り方・作り方を考える人も増えたのではないでしょうか

しかし、実は、住まいに求めるものは、いつの時代であっても、時代の進化と共に日々少しずつ変化していっています。

少し前までは当たり前だったものが、必要とされなくなったり。

これまではなかった新しいものが、定着しつつあったり…。

例えば、「収納」の作り方。

これまでは、多くのお客さまが「収納をたくさん作りたい」と希望されていましたが、最近はそうでもありません。

「ミニマル」「シンプル」な生活を好む人、使わなくなった物はフリマアプリで売るなどの“物をたくさん所有しない暮らし方をする人が増え、住まい全体の収納数が減少しています。

代表的なのが、子ども部屋のクローゼットを「つくらない」または「ドアなしで作る」というケース。

これまで、子ども部屋は「収納付き6~8畳」が一般的でしたが、最近の標準は4.5~5.5畳。

子ども部屋を小さくする分、リビングや家族共有の収納スペースを充実させる傾向にあります。

・各部屋の収納スペースを小さくorなくして、ファミリークローゼットを作る。

・子どもは将来独立するので、極力シンプルなデザインに。

・子どもはクローゼットの開け閉めをしないので、ドアをなくして部屋を広く見せたい。(ロールスクリーンを設置して隠せる工夫)

その他にも、最近“いるもの”として定着しつつあるのが、「お掃除ロボ」や「ウォーターサーバー置き場の設置

逆に、“いらないもの”は、お風呂のミラーや和室(個室)など。

掃除が大変、リビングを広くしたいから和室ではなく畳スペースにして極力シンプルに、など、暮らし方への考え方の変化が、住まいの形に影響をもたらしています

毎日住宅と向き合っている私たちは、そのような変化を敏感に感じ取りながら、お客さまにベストな住まいづくりをご提案しています。

でも、家は20年、30年と暮らしていくもの。

ディレクトがご提案するシンプルな空間なら、飽きがこず、柔軟性・可変性にも優れています。

今だけでなく、これからの暮らしやライフスタイルも考える

自分たちらしい住まいづくりをご提案する。

そんなお一人おひとりに合わせたベストな家づくりを、一緒に考えていきたいと思っています。

動線をデザインする。

こんにちは、ディレクトです。

家づくりにおけるこだわりの優先度は、人それぞれ違いますが、家事をスムーズにしてくれる「動線づくり」に強いこだわりを持つ方も多いと思います。
回遊動線や間取りの配置など、ストレスを軽減してくれる動線づくりにはポイントがあります。
ただ、そればかりに気を配りすぎるあまり、でき上がった時に「なんだか自分が思い描いていた家とは違うかも」と思うのでは本末転倒ではないでしょうか。

もちろん、使いやすい「動線づくり」は、居心地の良さにもつながるので重要なことです。
しかし、どのような空間を作りたいのかということも、忘れないでいてほしいのです。

例えば、こちらのY Houseのキッチンは、シンプルでスッキリとしたデザインに仕上げました。

奥さまが「動線が悪くなってもいいので、冷蔵庫をリビングから見せたくない。」と希望されたので、パントリーの奥に冷蔵庫置き場を設けました。

こちらのS Houseでは、クローズ・オープンできる扉付きの食器棚をお造りしました。
開け閉めする手間はかかりますが、家電や食器を見えない所に収納できるシンプルで美しい空間に仕上げています。

ディレクトのお客さまには、使い勝手だけではなく、「自分の好きな空間を楽しみたい」とあえてデザイン目線での家づくりを望む方が多くいらっしゃいます。
空間のデザインを意識するから使い心地は二の次、というのではなく、いかにしてデザインも心地よさも兼ね合わせた空間を作り上げるか?を大切に考えています。

Y様のように「冷蔵庫を見せたくない」というご要望であれば、どうすればよりスムーズに動ける動線上に設けられるか?にこだわって設計しています。

動線もデザインする。
設計事務所だからこそ、お客さまのご要望にお応えできる家づくりをご提案させていただきます。

「水盤」がつくる涼やかな暮らしの景色

こんにちは、ディレクトです。

今年は6月から夏のような気候が続き、この暑さはまだまだ収まりそうにありません。

こう暑いと、少しでも涼しく過ごしたいと思ってしまいますよね。

元々、日本の家には、蒸し暑い夏を涼しく過ごすための工夫が凝らされていました。

その一つが、清涼感を与えてくれる「水」のある景観づくりです。

庭に手水鉢(ちょうずばち)や池、曲水などを作って、水の煌めきやせせらぎを五感で感じたり、涼やかな風を家の中に取り込んだりして涼を取っていました。

最近では、このような日本庭園を造る家は少なくなりましたが、ディレクトでは現代の暮らしに合わせた「水盤」という方法で、涼やかな暮らしをご提案しています。

水のゆらぎや音にはリラックス効果があり、ただ水面を眺めているだけでも爽やかで心地よい気分になります。

手や足を付けて水の冷たさを楽しむもよし、お子さまの水遊びの場所にしてもよし、リゾートライクな高級感あふれる空間を楽しむもよし。

水盤があることで、暮らしそのものを豊かにしてくれます。

日本の暑い夏に、水盤で住まいに涼やかな暮らしの景色を取り入れてみませんか?

「神は細部(ディテール)に宿る」

こんにちは、ディレクトです。

「神は細部(ディテール)に宿る」という言葉をご存知でしょうか?

近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエの名言と言われていて、建築に携わる人ならば、一度は聞いたことがある言葉です。

この言葉の意味は、「細部(ディテール)へのこだわりが作品の本質を決める」というような意味です。

細かなところまで気を配って作られたものこそ、良いもの、美しい作品になるであるということです。

ディレクトの家づくりにおいても、この言葉の通り、設計やデザインにおいて細かなところまで考え抜いたご提案をしています。

一本の線、無駄を排除したシンプルなデザイン、納まりの美しさなど、なぜそうするのかを追求し、シンプルで美しい家を造り出しています。

特に、「線の美しさ」には並々ならぬこだわりがあります。

線の美しさといっても、キレイなラインで仕上げるという意味ではありません。

極力無駄な線を省きつつも、機能性はしっかりと残した“快適性を追求した空間デザイン”へのこだわりです。

例えば、ディレクトの特徴でもある「ハイドア」「ハイサッシ」です。

天井まであるドアや窓を設けることで、景色をより美しく見せたり、中庭と一体感を生み出す開放感のあるリビング空間を演出できます。

サッシの枠や壁面を排除して、必要最低限の線で仕上げる。

そのような考えられた細部デザインは、空間の質を向上さ、より美しく居心地の良い空間を作り出すことができると考えています。

他にも、幅木(はばき)や玄関の框(かまち)では、機能性を残しつつ極力小さく細く仕上げることで、よりシンプルで洗練されたデザインを生み出しています。

ディレクトの内見会にいらっしゃったお客さまは、実際の建物を見た時に「理由はわからないけれど、これまで内見会で見た家とはクオリティが違う」とおっしゃる方が多いです。

私たちがディテールにこだわる原点には、お客さまがより快適で、より心地よく感じられる住空間を作りたいという想いがあります。

家づくりは、ただ建物を造ることではなく、暮らしをデザインするものであるからこそ、細部まで丁寧にこだわったご提案をしていきたいと思っています。