COLUMN

CATEGORY :「家づくりコラム」に関連する記事一覧

設計士が魅了される建築 【落水荘】

こんにちは、ディレクトです。

世界中には、星の数ほど多くの建築があります。

その中には、多くの人々を惹き付けてやまない「名建築」と言われるものがあります。

今回ご紹介する【落水荘】もその一つです。

(引用元 hash-casa.com/2019/07/13/fallingwater/

落水荘は、アメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ郊外にあり、ユネスコ世界遺産にも登録されている建物です。

1936年にアメリカの実業家エドガー・カウフマンの邸宅として、世界的に有名な建築家であるフランク・ロイド・ライトによって設計されました。

英語名は【Fallingwater(フォーリング・ウォーター)】。

写真からも解りますが、滝の上に建てられており、自然と調和した美しい佇まいが特徴です。

カウフマンの「滝を眺めて過ごしたい」という要望に、フランク・ロイド・ライトは滝の上に建築することで、ただ眺めるだけでなく「滝と共に暮らす」という設計で応えたのだとか。

コンクリートの構造を活かした極薄なキャンチレバー(片持ち梁)を多用して、屋根を極力低くしたデザイン、建具とのバランスなど、どこを見ても洗練されています。

85年前のデザインとは思えない、現在でも充分適応する設計です。

感動や影響を受けた建築は、自分の設計や考え方に良い影響を与えることも少なくありません。

私たちも、フランク・ロイド・ライトのように、お客さまのご要望に期待以上で応える設計をしたいと考えています。

設計士による植栽計画

こんにちは、ディレクトです。

入居後にオーナーさまを訪ねると、「居心地がいい」「部屋から見える景色に癒される」などという嬉しいお声をいただきます。

この「気持ちいい」「心地よい」と感じられる理由の一つに、植栽があります。

住まい空間に緑があると、暮らしは潤いに満ちた気持ち良さに包まれます。

弊社が建築させていただく時は、植栽についても設計士がデザイン性の高い空間をご提案させていただいています。

庭や植栽も心地よい住まい空間を造る要素のひとつであり、植栽と建物とのつながりを考えた時、どこにどのような植栽を配置するのが効果的なのかを一番よく理解しているのが、設計士だからです。

シンボルツリー1本においても、外観(ファサード)の見え方全体の建物デザインとのバランスを考えて配置しています。

以前にもご紹介した新築住宅・Hhouseは、玄関やリビングなど室内のあらゆる場所から開放的な田園風景を楽しめるお住まいになっています。

白山連邦が望めるピクチャーウインドウのように見せる大きな開口部植栽の配置建物とのつながりやバランスなどにこだわって、設計士が主導となって住居設計を行いました。

ディレクトの植栽デザインの代表作ともいえるこの美しい植栽計画は、オーナーさまからも期待以上と大変喜んでいただいています。

ディレクトの植栽計画では、デザイン性だけでなく、お客さまがどのような暮らし方をされたいかも大切にしています。

どのくらいメンテンナンスに手をかけられるか、どのように過ごされたいかなど、暮らし始めてからのことも考えて、設計士がお一人おひとりに合った植栽をご提案いたします。

店舗建築事例 【ネイルサロン nicori】

こんにちは、ディレクトです。

石川県能美市にある「nicori」は、私たちが以前に店舗建築をさせていただいたネイルサロンです。

ご自宅の納屋を改装し、柔らかな雰囲気に包まれた素敵なサロンになりました

サロン裏にあるご自宅は、蔵や美しく手入れされたお庭がある純和風の造り

洋風のデザインを取り入れながらも、周囲の景観を壊さず、浮きすぎず、しっくりと馴染むように設計させていただきました。

サロン室内は、白を基調とした明るく清潔感のある空間に仕上げました。

エントランスから柔らかな自然光を取り入れて、お客さまが施術中に会話を楽しんだり、くつろいで過ごせるような居心地のよさも考えてデザインしています。

サロンの一角に、ご主人の仕事部屋も設けています。

こちらは、元々納屋で使われていた梁を現わして、落ち着いた雰囲気のお部屋に。

床や家具、内装の色のトーンを深みのあるものに統一して、集中して仕事ができる空間に仕上げました。

元々の納屋の良さや周辺の景観を生かすため、オーナーさまとは何度もお話しを重ねました。

店舗建築では、オーナーさまだけでなく、こちらを訪れる多くのお客さまも「笑顔」になれる場所であってほしいと考えています。

こんな時代だからこそ、人と人がつながる場所を設計させていただく、住宅設計とは違った楽しさがあります。

お家でアウトドア

こんにちは、ディレクトです。

春の暖かな日差しに誘われて、外出が楽しみになる季節。

BBQやキャンプなどに行きたくなり、久しぶりにアウトドア用品を出しました。

せっかくだからと、ベランダにアウトドアチェアを並べてコーヒータイム。

なんだか室内で飲むコーヒーよりおいしく感じられて、贅沢な気分を味わいました。

最近は、お家でアウトドアを楽しむ方も多いと思います。

室内と屋外につながりを持たせた設計なら、より特別な時間を過ごせます。

LDKの窓を大開口に、ウッドデッキを備えたアウトドアリビングも人気です。

室内に居ながら屋外にいるような不思議な感覚が楽しめます。

天然木のウッドデッキは、日常的にこまめなメンテンナンスは必要ですが、天然木ならではの風合いを楽しめます。

樹脂製の場合は、メンテナンスに手をかけなくてもよい手軽さがあり、お客さまのご要望とライフスタイルに合わせてご提案させていただいております。

以前に、ガレージ上を利用して広いバルコニーを造られたお客さまからは、

会社のスタッフを呼んで、BBQをしたり日光浴をしたりして楽しんでいます

とお話をお聞きしました。

その方らしい外時間を満喫されているようで、嬉しい気分になりました。

こちらのような、バリ島のホテルのテラスをイメージした空間を造られたお客さまもいらっしゃいました。

中庭に水盤を用いて、周囲を塀で囲み、外からの視線は気にせずに日光浴などが満喫できるラグジュアリーな雰囲気に。

遠出をするのもワクワクしますが、気軽にお家で楽しむ外時間も素敵ですね。

そのために、中庭を工夫したり、間取りなどにこだわってみる。

そんな家づくりも楽しいのではないでしょうか。

自然と心豊かに暮らす家

こんにちは、ディレクトです。

今日は、シンプルなファザードに、焼杉のポイントが際立つ外観デザインの「I HOUSE」をご紹介します。

自然素材ならではの、印象的な風合いと佇まいになりました。

外観はブラックが印象的ですが、室内はホワイトを基調としたデザインになっています。

玄関を入ると、正面に和室、その奥に中庭が顔をのぞかせます。

和室の扉をガラス扉にすることによって、玄関からも中庭を望むことができる抜け感を演出しています。

そして、小上がりになった和室と階段の一段目を同じ高さに設計しているので、空間のつながりも感じられます。

玄関から見える中庭は、高めの塀を用いて四方を囲まれた形にして、外からの視線が気にならない造りにしています。

そのため、カーテンやブラインド無しでもLDKや和室で過ごせるので、室内は1日を通して自然光あふれる明るい印象に

中庭は、いつでも気軽にBBQをしたり、お家でアウトドア気分を味わえるように、お掃除が簡単なタイルと土間で仕上げています。

中央の梁には、ハンモックをかけられるフックを用意。

暖かい季節は、ハンモックに揺られてのんびりリラックスした休日を楽しまれているようです。

LDKの存在感のあるキッチンダイニングも、オーナーさまのこだわりが詰まっています。

無機質な質感を生かしたセメント板で仕上げたキッチンの腰壁は、他の素材では出せないスタイリッシュさが感じられます。

造作のダイニングテーブル、テレビボードにもグレー色を使い、オーク材の床との相性もよいモダンなコーディネートが出来上がりました。

「自然と心豊かに暮らす家」のWORKSはこちら▼