COLUMN

CATEGORY :「家づくりコラム」に関連する記事一覧

住宅らしからぬデザイン

こんにちは、ディレクトです。

みなさんは、家づくりで一番に何を求めるでしょうか?
日本での家づくりは、長持ちするか?寒くないか?などの「性能」を一番に求められることが多く、住む場所だから…と保守的に考えられがちです。
しかし、ディレクトの考え方はちょっと違い、もちろん性能は確保しながら、デザインも大事にした家づくりをしています。
時には、住宅らしからぬ尖ったデザインの家、目を奪われる個性的なデザインの家をご提案することも。
それが、ディレクトの家づくりの強みであると考えています。

他とは違うデザインを生み出すディレクトの設計士は、国内にとどまらず、海外の住宅のデザインや建築事例などからも積極的に知見を広めています
日本人の発想にはない面白い考え方や発想には、とても刺激を受け、自身の住宅設計やデザインに影響を与えていると言ってもいいかもしれません。

しかし、日本では未だ「尖がっているデザイン=住みにくい、寒い」といった印象を持たれてしまっているのは、なぜでしょうか。
いいデザインの家は、暮らしを豊かに、暮らす人の日常を心地よくし、心を弾ませてくれます。
デザインがもたらす効果は、とても大きいと思っています。

ディレクトでは、「住む家はこうでなければいけない」という概念を覆していきたいと、常に心に留めながらお客さまとの家づくりをしています。

ラグジュアリーで心地よい空間

こんにちは、ディレクトです。

最近はコロナウイルスの影響でめっきり旅行に行く機会が減りましたが、旅行先での宿泊も旅の楽しみのひとつ、という人は多いのではないでしょうか。
ホテルや旅館のラグジュアリーで心地よい雰囲気が、旅の思い出に印象深く刻まれることも少なくありません。
そんな素敵なホテルに滞在できた時には、「これが自分の家だったら…」と思ってしまいます。

ディレクトに家づくり相談をされるお客さまのなかにも、ホテルや旅館のような高級感のある雰囲気や、心地よい空間づくりをしたいという方もいらっしゃいます。
そのような場合は、仕上げ材や色あい、照明による見せ方などを工夫することで、お客さまに合わせたラグジュアリーで居心地の良い空間をご提案しています。

素材で高級感を演出するならば、床や壁を石(大理石)で仕上げたり、外壁を左官やタイルで仕上げたり、金属やガラスを取り入れたりと、店舗やホテルで使われているメーカーの素材や仕上げ方法を用いています。
一般的な住宅会社では使わない素材を取り入れることで、他とは違うラグジュアリー感溢れる空間になります。

雰囲気で魅せるならば、色使いや統一された空間コーディネートで高級感を演出できます。
例えば、白一色で仕上げたり、床の無垢材をダークな色で仕上げたり。
造作家具によるトータルコーディネートや、照明器具や照明設計で作るくつろぎの雰囲気が、ホテルライクな空間を作り出してくれます。

また、素材や雰囲気だけでなく、デザインでも高級感を出すこともできます。
特に外観の顔であるファサードは、重厚感のある形や、余計なものをそぎ落とした窓のないデザインなど、シンプルでどっしりとした印象のデザインでラグジュアリー感を演出できる場所です。

日常を過ごす空間が、旅先のホテルのようなくつろぎ感あふれる空間になるように、心地よい家づくりをご提案したいと思っています。

設計士が魅了される建築 【とらや工房/東山旧岸邸】

こんにちは、ディレクトです。

建築に携わる仕事をしていると、行く先々で何よりも建物に目がいきます。

思いがけず「素敵だな」と思える建築に出会えると、とても嬉しくなります。

これまでに何度もそのような経験をしてきましたが、今日はその中から、強く心惹かれた建築「とらや工房」と「東山旧岸邸」をご紹介します。

とらや工房」と「東山旧岸邸」は、建築家の内藤廣氏によって設計された建物で、静岡県御殿場市の約5,600坪の広大な自然の中に建っています。

とらや工房」は、言わずと知れた和菓子の老舗「虎屋」が運営する、和菓子カフェです。

敷地の入口には、昭和2年からこの地に建つ落ち着いた趣の山門があります。

その山門を通り、竹林の中の散策路と自然を楽しみながら5分ほど歩いてくと、工房が見えてきます。

工房は、庭を取り囲むように緩やかな扇形のカーブを描き、販売所や和菓子を作る厨房はガラス張り、喫茶スペースは半屋外で、庭や空と心地よくつながるオープンな建物となっています。

外観はモダンに見えますが、内部は木をふんだんに使用した和菓子カフェらしい落ち着きと軽やかさがあります。

とらや工房をさらに奥へと進んでいくと、「東山旧岸邸」があります。

東山旧岸邸」は、元首相・岸信介が73歳から晩年を過ごした自邸として1969年に建てられました。

設計は、近代数寄屋建築の巨匠と言われた吉田五十八氏

首相を退任した後に過ごした家ですが、要人を招く機会があったことから、建物はパブリックスペース(居間、和室など)・プライベートスペース(寝室など)・サービススペース(台所など)でゾーニングがされています。

居間や食堂の窓は引き込み戸で、それが額縁のような効果をもたらし、開放感抜群の大開口から見える庭はまるで絵画のよう!

訪れた秋は、美しい紅葉を見ることができました。

食堂には12人座れる大きなテーブルがありますが、岸信介はテーブルの中央やお誕生日席ではなく、庭の景色が綺麗に見える“角の席”がお気に入りの指定席だったそうです。

とらや工房・東山旧岸邸とも、自然に触れる心地よさを建物にも取り込んで設計されており、椅子に腰かけて景色を眺めていると、「ずっとここに居たい」と思わせてくれる場所でした。

最近の住宅においても、「家の中から、外の景色・庭・空がどう見えるか」が重要視されるようになってきています。

とらや工房と東山旧岸邸での感動を心に留め、居心地の良さを最大化できる家づくりを大切にしていきたいです。

スキップフロアのある平屋 【I House】

こんにちは、ディレクトです。

今日は、福井県福井市に新築した、インナーガレージ付きの平屋住宅「I house」をご紹介します。

リビングの床から天井までのハイサッシによる大開口を設け室内にたっぷりの自然光を呼び込み、開放感と明るさをもたらしています。

インテリアは、黒白を基調としてラグジュアリー感を演出

ホテルライクを意識したテイストで仕上げています。

TVボードや洗面化粧台などは、全てディレクトオリジナルの造作家具を設えました。

平屋ですが、スキップフロアや半地下空間がある、とても面白い間取りになっています。

書斎として使ったり、お籠り感のあるくつろぎスペースとして使ったりと、暮らしを楽しめる空間です。

 

もうひとつ特徴的なのが、広大なドッグランを設けたテラス空間です。

LDKの天井までのハイサッシを開けると、約60帖もある芝仕上げのワンちゃんが喜ぶ専用のドッグランを設けました!

塀で囲まれているため外からの視線を全く気にせず、ワンちゃんもオーナーさまも思う存分遊んで楽しめます。

テラスで遊んだ後は、勝手口から入ってそのまま洗い場へ。

ワンちゃん用品を整理しておける収納棚もお造りしました。

また、LDKは床をタイル+床暖房仕上げにしており、人もペットも一年中快適に過ごせる平屋になっています。

オーナーさまのこだわりが詰まった平屋デザイン

愛犬と共に、心地よい暮らしを楽しんでいただけたら嬉しいです。

I House」のWORKSはこちら▼

www.direct-co.com/works/special/152-i-house/

シンプルに暮らす

こんにちは、ディレクトです。

シンプルなデザイン
これは、私たちが建築のデザインや設計で大切にしていることです。

使う色は、多くても3色まで。
ハイドアを採用し、ドアと壁の色を同色でまとめて存在感を消し、スッキリ見せる。
ニッチなどは極力作らず、雑然とした印象を与えない。
生活感が出る収納は、壁の裏に作って表に見せない。
など、ディレクトらしいシンプルで洗練された空間をご提案しています。

いろんな色を使いたい、いろんな素材を使いたいなど、ついアレもコレもと欲張りになってしまうかもしれませんが、それこそごちゃごちゃしてしまう原因です。

幸いなことに、ディレクトのお客さまは、ミニマリストな方やシンプルにかっこいい家を作りたいという方がほとんど。
私たちが考える、「シンプルなデザインの家づくり」と同じ想いを持っていらっしゃいます。
シンプルなデザインは飽きがこず長く愛着を持つことができます。
何十年と暮らす家こそ、シンプルなデザインで。
そうすれば、そこに暮らす人もシンプルで心地よい暮らしを叶えられるのではないでしょうか。