COLUMN

CATEGORY :「Owner’s Voice」に関連する記事一覧

好きなものに囲まれて暮らす家 -Owner’s Voice

こんにちは、ディレクトです。

新居に暮らしてから、わかること、気づくこと。

そんなオーナーさまの「暮らしの声」を伺いました。

今回お話しを伺ったH様は、1人目のお子さまができたことがきっかけで、一軒家でのゆとりある生活を送りたいと家づくりを考え始めたそう。

「たまたま知人がディレクトさんで建て替えを予定していて、パンフレットを見せてもらったんです。一貫したコンセプトを感じたのと、シンプルでナチュラルなデザインに一目惚れ。すぐにオープンハウスに申しこみました」と旦那さま。

その後、家づくりのご相談にいらっしゃいました。

新居での暮らしについて聞いてみると、

「アパート暮らしの時と違って広いので、生活がしやすくなりました。好きなものに囲まれた生活が実現できて満足しています」と嬉しそうに話す奥さま。

玄関からの生活動線にこだわり、

玄関⇔シューズクローゼット⇔パントリー・ストレージ⇔LDK

と、家の中での動作がスムーズで効率的な回遊動線を考えた間取りを設計しました。

お気に入りの場所は、「広々とした玄関」と「造作洗面所」、「大容量の収納」。

「玄関はスペースを大きく取ってもらったので、帰ってきた時に開放感があります。お客さまも玄関の広さに驚かれるんですよ。

造作洗面所は、タイル貼りと天井までの大きな鏡、間接照明と、既製品では作れないホテルのような洗練されたデザインが気に入っています。洗面ボウルも2台設置してもらい、忙しい朝も家族並んで身支度ができ、とても使いやすいです。

収納は、1Fのパントリー、ストレージ、ラバトリー、シューズクローゼット、ヌックスペース、テレビ裏の収納とたくさん作ってもらいました。そのおかげで、物が増えても生活感が全く出ずに家の中がいつもスッキリしています。」

H様は、しっかりと自分たちの家づくりのイメージをお持ちで、それを一緒に形にしていきました。

特に意識されていたのは、家全体の統一感と空間のつながり、そして自然光の「ひかり」と照明の「あかり」の調和です。

「ダイニング照明の2連のPH5miniやMieleの食洗機など、特にこだわりあるものを先に伝えて、家具やインテリアに合わせた設計と空間デザインをしてもらいました。」

シンプルモダンな空間は、白と木調を基調にモノトーンのアクセントを入れ、外観から内装、設備、器具に至るまで、雰囲気やデザインに違和感が生まれないようにコーディネートされました。

窓は大開口ではありませんが、ちゃんと室内に自然光を取り込んでくれています。

そのため、必要な箇所に必要なだけの照明を設置して、明るすぎず暗すぎない落ち着いた雰囲気に。

「ディレクトさんに家づくりの依頼したのは、ディレクトさんが私たちの家を“作品”と言っているのを聞いて、家づくりへの自負を感じたからです。ディレクトさんなら、私たちの理想の暮らしを実現してくれると思いました。

また、初回打ち合わせで最初に現実的な資金面の協議から始めてくれたことで、身の丈に合った家づくりをしてくれる、予算内で最大限の仕事をしてくれるとも感じました。ファーストプランの提案力も卓抜しており、1回目のプレゼンテーションの時点で、新居で暮らす自分たちの姿が想像できました」。

新居の工事中に無事お嬢様を出産され、新しい暮らしは家族3人でスタート。

「打ち合わせ時には、妊娠中の妻の体調を最大限配慮してスケジュールや進捗管理をしてもらえたのも嬉しかったです。

また、質問への回答がとにかく早く、トラブル対応も迅速で、原因と対応、結果をきちんと説明していただけて、何もかもが初めての私たちは安心して相談できました」と旦那さま。

家づくりの時のことを懐かしそうに思い出しながら、お二人は終始和やかな表情に。

そのお話しぶりから、家族3人で新しい暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきました。

広いLDKでくつろぐ暮らし -Owner’s Voice

こんにちは、ディレクトです。

新居に暮らしてから、わかること、気づくこと。

そんなお施主さまの「暮らしの声」を伺いました。

今回訪れたのは、お子さまの小学校進学に合わせて家づくりを決められたK様の新築住宅です。

まず、新居でのご様子を聞いてみると、

シンプルにデザインしていただいた空間が、とても気に入っています。特に、LDKは家族みんなのお気に入り場所。友人からは、BBQができるお庭がとても好評ですね。」

広いLDKお庭は、ご夫婦が最もこだわった場所。

その場所が今一番のお気に入りなのだと、奥さまが嬉しそうに話してくださいました。

アイランドキッチンも使いやすく、場所や収納棚などにこだわってよかったです。」

スッキリとしたデザインでまとめながら、近くにカウンター収納を備えて、家事がしやすい空間づくりを工夫されました。

「ディレクトさんは、私たちの理想の家を造っていらっしゃって、内覧会で実際の家を見た時に、写真でみるよりもさらにカッコ良くて。家を建てるならここだ!と思いました。

家が完成し、実際に暮らし始めて感じた良さが“過ごしやすさ”です。広いリビングも、一人ひとりが好きなことをしてくつろげるところがいいですね。」

お打ち合わせでは、K様と細かな部分まで色々なお話をしました。

デザインはもちろんですが、間取りや使いやすさなどもしっかりと考えて設計させていただいたので、暮らしやすさを感じていただけているのだと思います。

「スタッフのみなさんがとても話しやすくて、色々な相談に乗っていただきました。

LDKの他にも靴が多いのでお客さまには見られない玄関収納を作ってもらったり、家具のことを相談したりと、家づくりがとても楽しかったです。素敵な家を建てていただいて、ありがとうございました。」

新しい住まいで、心地よくのびのびと過ごされているK様ご家族。

終始笑顔で近況をお話しくださり、私たちもとても楽しいご訪問になりました。

これからも、お客さまお一人ひとりにご満足いただける家づくりをしていきたいです。

【店舗併用住宅】無駄のないシンプルな暮らし -Owner’s Voice

こんにちは、ディレクトです。

新居に暮らしてから、わかること、気づくこと。

そんなお施主さまの「暮らしの声」を伺いました。

今回お伺いしたのは、1階に店舗と事務所2階が住居になった店舗併用住宅を建てられたH様邸です。

勇壮な佇まいの外観が、ひと際目を惹きます。

玄関は、お客さまも利用されることを考えて、外も中も広々とした空間をお作りしました。

玄関を入ったら見えるお庭がいいですよね」と笑う奥さま。

シンボルツリーが癒しをもたらしてくれる、心地よい場所です。

軽やかで抜け感のある片持ち階段もアクセントに。

H様は、弊社と関わりのある方で、以前より「家づくりをするならディレクトで」と決めてくださっていたそう。

事務所を建てる際、住まいも併用した建物を造ろうと考え、お打ち合わせがスタートしました。

コンセプトは『無駄なくシンプルに。』

掃除がしやすく生活感が出ないような空間をご希望でした。

シンプルだけど少し暖かみを感じられるような空間にしたかったので、味のある素材を使用してほしいとお願いしました。床をモルタルやタイル張りに、天井や家具に木を使うことで、異素材を合わせる面白さ味わい深さがだせたと思います。」

生活感が出やすいキッチンは、無機質な素材を使ってクールな雰囲気をご提案しました。

LDKの横は、中庭の吹き抜けに。

視線を気にしなくてよいのでカーテンもいらず1日を通して明るく開放的な空間になっています。

「事務所から見える中庭も、お客さまに好評です。住居から中庭を見下ろすのも好きですね。夜は壁に木の影が映し出されて、また違ったホッと落ち着ける雰囲気になります。」

希望通りのLDKができあがり、ご家族でくつろぐ時間が長くなったそうです。

お引き渡し後、玄関の階段横の壁にヒビが出るなどのトラブルもありましたが、「建てた後もいろいろと対応してください感謝しています」と笑顔でお話しくださいました。

広がりを感じる住まい -Owner’s Voice

こんにちは、ディレクトです。

新居に暮らしてから、わかること、気づくこと。

そんなお施主さまの「暮らしの声」を伺いました。

今回訪れたH様邸は、シンプルなグレーの外壁の存在感が印象的なお住まいです。

「子どもたちは、いつも家中を走り回って嬉しそうに遊んでいるんです(笑)。この家が本当に好きなんでしょうね。私のお気に入りは、2階のフリースペース。ふとした時に、窓から空や山が見えると心がほっと和みます。」

そうおっしゃるご夫婦は、居心地の良い新居のダイニングで「家を建てて良かった」とおっしゃいました。

木の温もりに溢れたリビングからは、玄関にディスプレイされた趣味の自転車を眺められます。

壁の上半分をガラスにすることで、視覚的な開放感がありより広がりを感じます。

暮らしを楽しむ遊び心と、居心地を叶えたデザインです。

さらに、H様はリビングの隅に鏡を置いて、広く見せる工夫をされていました。

LDKは、ご家族みなさんのお気に入りの場所。

リビング・キッチン・ダイニングで、それぞれの過ごし方をしながらも、家族のつながりも感じられる間取りをご提案しました。

「間取りやデザインは、ディレクトの設計士様様です(笑)家づくりをする時に、一番考えたのが“いかに広く見せるか”ということでした。設計士さんともたくさん相談をして、親身に対応していただき、こんなに素敵な空間を造ってくださいました。」

お子さまの成長に合わせて、家づくりを考えられたH様。

居心地の良いお住まいは、仲の良いご家族の温かさに包まれていました。

最後に、「これからもよろしくお願いします。」とお声がけくださり、こちらも心が温かくなるご訪問でした。

暮らしが整う白い家 -Owner’s Voice

こんにちは、ディレクトです。

新居に暮らしてから、わかること、気づくこと。

そんなお施主さまの「暮らしの声」を伺いました。

今回訪れたS様邸は、青い空に映えるスタイリッシュな白い外観のお住まいです。

室内も白をベースカラーに、明るくすっきり整えられた空間づくりをされました。

「住み始めてもうすぐ1年半です。家づくりでこだわったのが、「」と「収納」。

自分たちで考えて、たくさん悩んだ甲斐あって、とても心地よくくつろげる家が出来上がりました。」

ご夫婦のお気に入りの場所は、リビング。

天井は高い吹抜けになっているので、とても開放的な空間です。

デザイン照明も空間のアクセントになっています。

「窓が大きいので、柔らかな太陽の光がリビングを照らしてくれてとっても明るく暖かいですね。

晴れた日には中庭越しに青い空が見えて、とても爽やかで気持ちの良い気分になります。

外からの視線も遮られているので、カーテンを付けなくてもよく、室内が広く感じられるデザインも気に入っています。」

また、テレビ周りには、大きな造作収納を設計。

小さなお子さまがいらっしゃると、どうしても物が散らかりがちですが、「収納が多いのでいつでも部屋がスッキリ片付く」そうです。

ダイニングキッチンや階段も、シンプルに「」と「明るい木」の2色に統一。

光が届きにくい場所も、軽やかで明るい印象になりました。

ディレクトを知ったきっかけは、ご友人から薦められたこと。

「最初は軽い気持ちで相談しに行ったのですが、スタッフのみなさんの対応やプランを見て、“ここにしよう”と二人の意見が合いました。

自分たちの思いを感じ取ってくれるだけでなく、好みに合わせた提案をしてくれて、毎回の打ち合わせがとても楽しみでした。」とお話しくださいました。

新しいお住まいで、心豊かな“新しい暮らし”を楽しまれているお姿に、私たちも嬉しくなるご訪問でした。