COLUMN

CATEGORY :「建築エピソード」に関連する記事一覧

黒の邸宅【OPEN HOUSE】

こんにちは、ディレクトです。

先日、金沢市にて新築『黒の邸宅』のOPEN HOUSEを開催いたしました。

多くのお客さまにご来場いただきまして、ありがとうございました。

こちらのお住まいのコンセプトは「」。

内装・外装ともに黒を主体色とした配色、そして住宅設備機器から扉、階段、手すり、その他細かな部材までをオールブラックで統一したお住まいをご覧いただきました。

インテリアも「」を基調としたものでシックにまとめ、ホテルラウンジのような上質な空間になりました。

ご来場のお客さまに最も印象を与えた場所が、1階のLDKと開放感あふれる中庭です。

通り沿いの立地のため、中庭には塀を設けて外からの視線を遮ってプライバシーを確保

それにより、大きな窓から豊かな採光が室内へ注がれ、明るく開放的な居住空間となっています。

軒を出したことで、直射日光ではない柔らかな光が取り入れることができます。

暗くなると思われがちな「」は、自然光をたっぷり取り入れることで、上質さや高級感といった良さが引き立ちます。

また、居住から中庭へと続くタイルの床のインパクトも大きかったようです。

タイル床やガラスの玄関戸、照明、家具などの細部までこだわりぬいた「黒の邸宅」は、木材などの一般的な住宅用の素材をあまり使用しなかったため、

住宅でもこのような空間を造ることができるの!?

とのお声も多くいただきました。

他ではなかなかお目にかかれないような仕上がりに、内覧されたお客さまにとっては、家づくりの考え方を変えた内見会となったのではないでしょうか。

「家づくりはこうでなければならない」という決まりはありません。

ディレクトでは、既成概念にとらわれず、お施主さまが望む住空間をお造りしたいと考えています。

モノトーンの家

こんにちは、ディレクトです。

今日は、ディレクトが建築させていただいた、3階建ての店舗併用住宅「I HOUSE」をご紹介します。

元は隣接するご実家の庭だったという狭小の敷地に建築した、グレーの外観が存在感を放つI HOUSE

1階が美容室2階・3階が家族4人の居住空間となっています。

狭小地を最大限に生かすために、敷地の形状に合わせて建物の壁面を斜めにし、居住空間を確保し、室内は決して狭さを感じさせない空間に仕上げました。

1階の美容室店舗には、セット面3台がゆったりと並びます。

左右の大きな窓から視界がワイドに抜けることで、広がりを感じられる空間に。

外観と同じく、室内もモノトーン調に統一し、スタイリッシュな印象を与えています。

2階はLDK。

こちらも窓から豊かな採光が届き、明るい室内を演出。

キッチン後ろの壁面に、大きな造作カウンターを設けているのも特徴です。

お食事をしたり、お子さまが勉強をしたり、調理カウンターとして利用したりと、フレキシブルに使えます。

窓からの眺めも最高です。

窓の位置は、太陽光が差し込む方向に設計されているので、暗くなりがちな廊下にも、しっかりと光を届けてくれます

光の当たる窓辺は、グリーンなどを置けば、インテリアの主役にもなります。

夜になると、窓から照明の灯りが漏れて温かな雰囲気へと表情が変化します。

窓面の位置と大きさを1階から3階まで統一したデザインで設計することで、一見、店舗併用住宅とは気が付かないほど調和しています。

モノトーンの家」のWORKSはこちら▼

リビングから海が眺望できる家【OPEN HOUSE】

こんにちは、ディレクトです。

先日、かほく市にて新築『リビングから海が眺望できる家』のOPEN HOUSEを開催いたしました。

多くのお客さまにご来場いただきまして、ありがとうございました

日本海が見えるところに家を建てたい。

始まりは、そんなお施主さまからのご相談で、土地探しからお手伝いをさせていただくことになりました。

タイミングよく、少し前に不動産会社よりお施主さまの条件に合うような土地を紹介いただいており、そちらをご提案したところ「ここにします」と即決。

目の前に雄大に広がる日本海の絶景を望む土地というのは、石川県内でもなかなかめぐり合えない好条件です。

不動産は「生き物」とも言われますが、今回ほど「一期一会」を感じたことはありませんでした。

設計では、この美しい眺望に重点を置き、できる限り室内の余分な箇所や素材を省きました。

窓一面に海の絵を飾るようなイメージで

朝は太陽がキラキラと海に反射した景色を堪能でき、夕方は海に沈んでいく穏やかな夕日を見て感動し、夜は波の音に心落ち着かせながら和やかな時間を過ごせます。

いつ眺めても飽きることのない絶景が望めるのは、リビングだけではありません。

キッチンや玄関、洗面など家の中のあらゆる場所から眺められ、「心豊かな暮らしの風景」となっています。

建物の素材には主に白、黒、グレーの3色のみを使用し、景色の邪魔をしない配色で統一しました。

内見会では、階段から2階LDKに上った瞬間に、どのお客さまからも大きな歓声が上がりました。

中には、「今年一番感動した」というお客さまもいらっしゃいました。

自然の景色を最大限に利用し、建物を一層際立たせることができたお住まいの内見会は、私たちディレクトにとっても記憶に残るものとなりました。             

人が集う家

こんにちは、ディレクトです。

今日は、ディレクトが建築させていただいた店舗併用住宅「M HOUSE」をご紹介します。

通り沿いでもプライバシーを確保しながら、明るく開放的な居住スペースが実現しました。

M HOUSEは、正面手前が奥さまの経営する化粧品サロン、奥が住居スペースになっています。

店舗併用住居の難しさは、住居側のプライバシーを確保しながらの間取りづくり

店舗・住居にそれぞれ十分なスペースをとりながら、開放感とスムーズな動線の確保は、設計士の頭を悩ませました。

そして、何度もお打ち合わせをして完成したのが、中庭が美しいプライバシー空間のあるお住まいです。

LDKは、全面開口で中庭とつながり開放的

中庭は囲われているので、外からの視線も気にならず、直射日光もあまり入らない設計になっています。

「入居して1年ですが、昼も夜もカーテンがなくても快適に過ごせています」とのこと。

一方で、室内に柔らかな陽光と風を呼び込んで、爽やかな空間を作り出してくれます。

奥さまも、家事をしながら中庭を見て過ごす、心地よい時間がお気に入りだそうです。

休日には、中庭がアウトドアリビングに。

テーブルとイスを出して、ご家族でブランチを楽しんでいらっしゃいます。

4色(白・黒・グレー・明るい木の色)でまとめたスッキリとした印象の空間に、中庭のグリーンが暮らしに彩りを添えてくれています。

ご主人のお気に入りは、リビングの上に造った「屋上バルコニー」

奥さま主導で進められた家づくりで、唯一のご主人がリクエストされた場所です。

広い空の下で、ご家族と過ごす時間は、とても気持ちが良さそうですね。

さっそく、お酒を飲みながら花火大会などを楽しまれたとか。

店舗スペースは、白を基調とした明るく清潔感のある雰囲気に仕上げました。

壁裏には、大きな鏡のある広い洗面スペースがあり、使いやすさやおしゃれな雰囲気がお客さまにも好評だそうです。

いつでもお客さまとの会話が絶えず、和やかな時間が流れています。

店舗横には、「スリット窓」がはめ込まれた事務室も設計。

事務室から店舗の様子が見えても、店舗側からは事務室の中が見えすぎないよう工夫しました。

人とのつながりを楽しみ、心地よく暮らす

仕事もプライベートも、どちらも大切に、自分たちらしく過ごせる家は、これからの住まいのカタチかもしれません。

「人が集う家」のWORKSはこちら▼

www.direct-co.com/works/special/116-m-house/